スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年1月31日(土)

昨日の株価

日本TOPIX・・・・・・・・・・・+1.49(1,415.07)
オーストラリアASX・・・・・+19.35(5,551.58)
韓国KRX100・・・・・・・・・・-19.24(4,022.31)
台湾加権・・・・・・・・・・・・・-64.99(9,361.91)
香港ハンセン・・・・・・・・・-88.80(24,507.05)
シンガポールST・・・・・・・-27.85(3,391.20)
インドムンバイSENSEX・・-498.82(29,182.95)
ドイツDAX30・・・・・・・・・・-43.55(10,694.32)
フランスCAC・・・・・・・・・・-28.96(5,251.04)
イギリスFTSETM100・・-61.20(6,749.40)
ブラジルIBOV・・・・・・・・・-854.56(46,907.68)
カナダS&P/TSX・・・・・・・+47.07(14,684.35)
アメリカNASDAQ・・・・・・-48.17(4,635.24)




今日のニュース

アジア

日本

沖縄県宮古島市の宮古島と伊良部島を結ぶ全長3540メートルの伊良部大橋が31日開通。無料で通行できる橋としては国内最長 (毎日)


フィリピン

ミンダナオ島でイスラム武装勢力と交戦中に死亡した警察官44人を追悼式典が30日、マニラで行われた。政府と武装勢力は大規模衝突を「偶発的」とし、和平協議を継続していく姿勢 (産経)


中国

新疆ウイグル自治区ホータン地区ケリヤ県で28日、容疑者3人が検問所で警察の検査を受けた際、刃物で襲撃し警官2人と警備員1人の計3人が死亡。容疑者3人は逃走したが、29日うち2人が警察当局に射殺され、30日には残る1人も拘束 (時事)

各地で、「抗日戦争(日中戦争)」に関する記念施設の新設や増築が相次ぐ。習近平政権は「愛国主義」の高揚を図り、歴史問題で対日圧力を強める狙いもあるとみられる (読売)


北朝鮮

金正恩第1書記は、空海両軍のアメリカ空母奇襲攻撃訓練を指導。空母に想定した島に対する戦闘機の連続攻撃や魚雷攻撃を行った (時事)


韓国

尹炳世外相は31日、、「韓日関係が安定してきた最大の理由は日本政府が歴史認識で明白な立場を維持してきたからだ」と述べ、冷え込んでいる日韓関係に関し、「日本の政治指導者の誤った言動が続いているためだ」と強調 (時事)


北米

アメリカ

中央軍は30日、有志連合の空爆により、過激組織「イスラム国」の化学兵器の専門家アブ・マリク容疑者をイラク北部モスル近郊で24日に殺害したと発表 (時事)


欧州

ロシア

過激派関係者とみられるロシア人が「イスラム国」に参加したり、勧誘を行っていたりしているとして、当局が少なくとも58件の事案について捜査。チェチェン共和国などの過激派がイスラム国に参加し、テロの標的にしようとする動きがあるとして警戒を強めている (読売)


ウクライナ

政府軍と親ロシア派武装勢力の交戦が続くドネツク市東部の地域が30日、砲撃を受け、12人が死亡 (CNN)


イタリア

議会は31日、組織犯罪撲滅運動の象徴的存在とみなされている憲法裁判事のセルジオ・マッタレラ氏を賛成多数で新大統領に選出 (時事)


中東

「イスラム国」

イラク北部キルクークを攻撃。油田都市として知られる同市の掌握を試みたか、あるいはモスルの奪還を目指して戦っているクルド人部隊の注意をそらす狙いがあったと見られる (CNN)

「日本人記者を誘拐し別の捕虜交換に利用しろ」と「イスラム国」の支持者らが29日、後藤健二さんら人質事件を取材する日本人記者を標的にした書き込み (産経)


シリア

日本の外務省が、報道各社にシリアへの渡航について「いかなる理由であっても」見合わせるよう求めている中、朝日新聞のイスタンブール支局長がシリア国内で取材。朝日新聞社広報部は「了解している」と回答 (産経)


アフガニスタン

ガニ大統領は今年1月にようやく閣僚候補を発表したものの、その大半が下院で否決されたため、国際支援が先細る中、「政治の空白」が経済や国民生活に暗い影を落としている (時事)


アフリカ

南アフリカ

政府は30日、白人政権によるアパルトヘイト体制下で「暗殺部隊」を指揮して多数の黒人活動家らを殺害し、民主化後に有罪となった、黒人に対する残酷な犯罪を象徴する人物の仮釈放を認めた。国民間の「ゆるし」と和解を促進する狙い (毎日)


エジプト

イスラム原理主義組織ムスリム同胞団の衛星テレビ局「ラバアTV」は「革命懲罰団」を名乗るグループの声明として、エジプト在住の外国人に対し、ムバラク元大統領が退陣してから4年となる2月11日までに国外へ退去しなければ、攻撃対象になると警告 (産経)



「もみじ企画」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もみじ企画

Author:もみじ企画
あまり報道されないような世界のニュースも拾います。
同様の記事は発信の早い提供元を優先しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。